普段着でも着ていけるバートルの作業着に注目

Goodな作業着

実用的なファッション

作業をするような場所では、ファッション性の高さよりも実用性が重視されることがある。しかし、かっこよくても動きやすいようにできている作業着はたくさんあるため、ファッション性と機能性どちらも追い求めることができる。

なぜユニフォームを作るのか?

室内で作業をするような企業でも、ユニフォームを作ることは多い。それが室外で作業をするような企業だともっと統一されたユニフォームが求められる。その理由と、スムーズに作業着を作るための方法はチェックしておくと良い。

作業服は自分で作れる

作業着が必要な現場

仕事ではその場に適した服装というものがある。カジュアルな服で大企業との契約の場に行くことはできないし、スーツでは車の工場で働くことは難しいであろう。その現場には適した服装というものがあり、会社によっては制服を用意しているところもある。

作業着はオリジナルを作れる

バートルという会社が作業のしやすい服をたくさん作っているため、このメーカーが作っている服を選べば間違いなく作業のしやすい服を選べる。しかし、ただ購入するだけでは他の会社と同じようなデザインになってしまうので、できればオリジナル作業着の作れる業者で購入すると良い。

簡単に作れる

刺繍やオリジナルのプリントをしてもらうことで、バートルの既製品もあっという間にオリジナルのものになる。
注文の順番は、
1、作業着を注文できる専門サイトをチェック
2、デザインや製品を選ぶ
3、必要な製品のサイズや数を決める
4、刺繍やプリントのデザインを決める
大体がこの順番となっている。

業者によっては会員にならないと注文できないところもあるので注意したい。

まとまっている印象になる

こういった作業着を皆でまとめて注文するのには、現場に合った作業着を選ぶ以外にも大切な理由がある。それは現場全体の一体感を出すことである。判別しやすい服を着ていることでスタッフではない人をすぐに見分けることができて防犯上も良いのである。

良い作業着を作るためのノウハウ

洋服

作業服の種類をチェック

様々な現場でそれぞれの状況に合った作業服を選ぶことが必要になってくる。ポロシャツタイプのものもあるし、男女ともに着れるようなサイズ展開が豊富なものもある。バートルはサイズも豊富なので選びやすい。

READ MORE
男女

寒さを防いでくれる

現場によっては寒冷地で、とても寒い場所で長時間作業をしなければならない場合もある。そんなときは防寒着を着用すると作業がしやすくなるが、選ぶ際には防寒着にどんな性能が搭載されているのかをチェックすべきである。

READ MORE
女の人

素材選びもこだわろう

ユニフォームを現場に合わせたものにしたい、長持ちさせたいというのであれば、使われている素材にも気を使って選ぶようにしよう。制電機能がついているものもあるので、静電気の発生を抑えたい現場にとっては便利であろう。

READ MORE

作業着を選ぶ際には口コミを見よう

女性でも着けられるものを揃えたい

最近になって、うちの工場でも女性社員を採用することになったんです。そのときに困ったのが作業服をどうするかですね。今まで男ばかりの職場だったので、女性用の作業着がなくて…。結局依頼する作成業者を一から選ぶことになっちゃいました。

どうせならかっこいい方がいい

私達の会社では、新しく作業着を刷新しようということで、バートルというメーカーが作っている服を採用しました。すると若い社員の仕事のやる気が俄然上がったんですよね。やっぱり皆お洒落がしたいんだなぁと思いました。

膨らみすぎて怪我をしてしまった

以前僕の会社では、とても厚い防寒着が支給されていたのでそのまま使っていたんです。するととても動きにくかったので、怪我をしてしまいました。今ではバートルの防寒着に変えたので、とても作業が楽になっています。

洗いやすさに注目

仕事柄、火を使うことが多いところで働いているもので、防火用の作業着を使っています。自分で作業着を洗わなければならないのですが、ちゃんと洗濯機で洗えるものを購入したので、清潔に保てて嬉しいです。

必要なグッズも購入できる

会社の作業で必要な作業着を注文するとき、ユニフォームの他にタオルや反射テープも購入できることに気付いたので一緒に購入してみました。特に反射テープは暗い場所や夜道で必要なグッズなので、一緒に頼むことができてお得でした。